PAGE TOP

タンパク質の一種であるグロースファク

ミノキシジル育毛剤で頭頂部のハゲも治る?リーマンのズラまで一直線

ミノキシジルといえば発毛剤として知られていますが本当に期待出来るのか?効果は?頭頂部の薄毛やM字ハゲに効果のある育毛剤はコレだった。悩む前に試す育毛記録

最終更新日:2017/08/22

タンパク質の一種であるグロースファク

タンパク質の一種であるグロースファクターは、細胞分裂に大きく関わる物質で、毛髪の再生もこれによって促されます。

そこで濃密育毛剤BUBKAなどのに添加されたり、毛髪再生治療として、頭皮に注入されたりするようになりました。

老若男女関係なく、いろんなタイプの薄毛によい結果を出すことが周知されつつあります。

髪が薄くなってくる直接の要因として、再生因子そのものが不足しているという点に注目し、不足した分を補えば、毛髪の再生は可能となるわけです。

グロースファクターを利用した毛髪再生は効果が高く、多くの人が恩恵を受けているのですが、しかしながら、補給をやめると元に戻ってしまうため、治療の継続が必要となります。

よって、費用が高くついてしまうというのが、この療法のデメリットと言えるでしょう。

髪を元気にして、少しでも増やしていきたいと考えているなら、育毛に関して基本から学び、しっかりした知識を得ることが大切です。

毛が抜けてしまう理由を学び、必要な対処をしない限り、高級な薬用ナノインパクト100などのに頼ってみても、頭髪の変化は、あまり感じられないはずです。

髪のケア方法だけでなく、生活習慣や食生活など、育毛の基本的な事柄について改善し、頭髪を元気にしていきましょう。

小さな努力を重ねてゆくことが必要なのです。育毛を続けるなら、栄養バランスの優れた食事はとても大切なことだと認識しましょう。

育毛のための食べ物といえば、色々あるのですが、一例としてピーマンを挙げてみます。

ビタミンはたっぷり、タンパク質の元になるアミノ酸も豊富に含み、また、ビラジンという、香りに関わる化合物は、血小板の凝集を抑えて血液の流れを良くします。

血液が流れやすい状態であれば、頭皮の毛細血管にまでスムーズに、髪に必要な栄養が届けられるようになるはずですから、大変おすすめの野菜です。

それと、取り除いてしまうことが多い、種を含むワタには、ピラジン、カリウムなど栄養素が豊富に含まれているので、なるべくなら、丸ごと召し上がってください。

清潔にしようとがんばって行っている洗髪が抜け毛の要因であるケースも少なくありませんので、シャンプーやリンスは諦めて、湯シャンにしてみると、育毛がはかどるかもしれません。まずはじめにブラッシングを行います。それから頭全体をぬるま湯で流し洗いしますが、ゴシゴシ力を込めて洗わないで、お湯を当てて、毛穴を広げて洗うような感覚で、汚れを地道に落としていこうとするのが湯シャンの大事な点と言えるでしょう。お湯だけで汚れが落ちるか心配になりますが、お湯の洗浄力は意外と大きく、皮脂を落としすぎないようにお湯の温度は「ぬるいかな?」と感じる程度でよいでしょう。

湯シャン後、クエン酸やお酢などを薄めて作った、リンス代わりになる液体を髪になじませるようにすると、髪がキシキシと固い感じにならなくて済みます。

唐辛子の辛味の原因でもあるカプサイシンは、育毛効果が期待できるとされています。血の巡りを良くすることで頭皮環境の改善に繋がると言われています。また、大豆食品にも多く含まれるイソフラボンと一緒に摂ることで、毛母細胞という、髪の毛を作るもととなる細胞を活発にする成分を一層増やしてくれる嬉しい効果が期待できます。とは言え、バランスを欠いた食生活になってしまうのはいけません。

身だしなみの一つとして、髪をとかすのは大事で、毎日欠かさず行なうという人は大勢います。けれど、忙しくて時間もないし、たまにしか髪はとかない、という人もそこそこいます。

特にブラッシングについては、あまり気にしていない人も少なくありません。ですがもし、抜け毛が増えてきた、などの不安を覚えるようになってきた場合は、ブラッシングについて、考えるようにしてみてください。正しく行なうと、頭皮に加えられたマッサージの効果で、血行がずいぶん良くなりますし、ブラッシングの刺激も、すっきりと心地の良いものです。髪にツヤもでますし、頭皮が元気になることで髪に良い影響があるでしょう。

少なくとも、やって損はありません。

しかしながら、良かれと行ったブラッシングで、頭皮に傷がついてしまっては大変ですから、頭皮を保護する工夫が加えらえている、育毛用のブラシを使った方が無難です。健康食品としてのゴマの実力を疑う人はいないでしょう。

アンチエイジングや生活習慣病予防、はたまた便秘改善に美肌効果など、身体に良い効果が、色々と得られるであろうことがわかってきました。

それに加えて、ゴマは育毛効果も持っていると考えられます。

なぜかと言うと、育毛にとって大事なタンパク質、各種ビタミン、ミネラル群がたくさん含まれている食材であるからです。

こういったタンパク質、ビタミン、ミネラル群は、毛髪が再生、成長、脱毛を繰り返す、正しいサイクルを維持するために、大変重要な栄養素です。こうやって見てみると、ゴマは育毛に大変適した食材のようです。日常的に、ゴマを多く食べる習慣を身に着けると、育毛に加え、体にもとても良いので、お得です。

岩盤浴というのは、天然石あるいは岩石で作られたベッドに横たわり、汗をかく、サウナの一種です。新陳代謝を活発にすることができ、それにより体内の老廃物を排出しやすくなるので、大変話題になっています。

体温を上げることで活発になった新陳代謝により、毛髪の根幹、毛母細胞の活動が活発になります。

頭皮の血行が悪くなると、頭髪への栄養がうまく運ばれなくなり、髪の毛が栄養不足に陥り、薄毛を招くとも考えられます。

血行促進効果がある岩盤浴を利用すると、毛髪への栄養もスムーズに運ばれ、薄毛改善に役立つでしょう。チャップアップなどののブブカについて、耳にしたことがありませんか。とても効果がある、ということで「医薬品?」と思われる人がいるかもしれませんが、そうではなく、誰でも買うことができる医薬部外品のスカルプグロウFなどのです。

さて、このブブカには「褐藻エキスM-034」という、海藻からとれた天然成分が含まれていて、このエキスの育毛効果が、薄毛治療薬として名を馳せるミノキシジルと同じくらいではないか、ということで大変話題になっています。さらに、植物由来の天然成分「オウゴンエキス」が、男性型脱毛症の原因として知られるDHT(ジヒドロテストステロン)を7~8割程阻んでくれるそうで、これは、強い男性ホルモンDHTの生成に関わる酵素、5αリダクターゼを「オウゴンエキス」が抑制してくれることによる結果です。こういった天然成分をはじめ、他にも数多くの成分が配合され、育毛を促してくれます。肩こりと薄毛の悩みは繋がっているという説があります。

育毛をきっかけにして、まず、肩こりの解消に取り組んでみてはいかがでしょうか。

極度の肩こりが薄毛と繋がっている理由として考えられるのが、血行が悪い人が肩こりになると言われているからです。

血行が悪いことによって、頭皮の隅々まで栄養を運ぶこともできず、どんどん溜まっていってしまう老廃物が、育毛の大きな妨げになると言われています。

最初に思い浮かぶ薄毛対策は、煙草には有害な成分が髪の毛の発育の妨げになります。

喫煙していても髪がふさふさとしているかたもいますから髪を守るために禁煙をしましょう。

半年~1年程度育毛剤を使ってみて、効果が実感できない場合は別のものを使用された方がいいかもしれません。

とはいえ、1、2ヶ月で育毛の効果がわからないからといって使用を止めるのは、非常に早すぎます。これといった副作用が出ていないのなら、半年程度は使用するようにしましょう。

どうしてノコギリヤシによって育毛効果が得られるのかというと、脱毛の背後にある物質である5αリダクターゼの作用を妨げて抜け毛が起きるのをストップできるからなのです。5αリダクターゼはジヒドロテストステロンという名前の物質と組み合わされると、皮膚から脂分が過剰に出ます。出すぎた皮脂が毛穴に詰まり込んでしまうと髪の毛が抜け落ちたり、髪の毛が生育しづらくなったりしてしまいます。一応説明しておきますが、ノコギリヤシは、手を加えない形で摂るのではなくて、抽出加工で得られたエキスの形で利用します。今では簡単に海外のものも手に入る時代ですので、インターネット通販などで、国内の製品とはまた違った海外製のすごい商品やAGA専用の薬を比較的安い値段で手にすることができます。

でも、気を付けなければならないのは、海外通販には確かな安全が保障されません。

偽物が混じっていたり、質の悪いものが出回っていることも多々あります。

中には、それを使うことによって、健康被害がある可能性も拭えません。

そして、体格差や体質が異なる欧米人と日本人の間では、例え正規品だとしても安心してもいいということはありません。

年齢とともに、すこしずつ身体も変化していきます。

それに伴って抱えることになる悩みもあり、そういうものの一つに、薄毛の進行や抜け毛の増加など、毛髪に関係するものがあります。原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、多岐にわたっており、様々です。

ちなみに、薄毛を気にしすぎて、それがストレスになって心身を圧迫し、さらに薄毛が急激に進んだ、などという人もいます。ところで、ここ最近、育毛効果の高さで注目されているのがプロペシアです。

プロペシアは、男性型脱毛症の治療に用いられる医薬品です。効果は非常に高い薬ですが、強い薬であるだけに、副作用の心配があります。

もっとも気軽に始められる育毛方法として現在のヘアケアの見直しをおすすめしています。たったいま、イスに座りながらでもできる上、育毛をする上で絶対に無視できないことですので、手間と思わず、実施していただきたいと思います。現状をありのままに見直すのにはまず、洗髪?乾燥?ブラッシングといった基本から入りましょう。

何をしているかというほかに、仕上がりに対する感想や、困っていることなどもリストアップすると良いですね。筆者の知人(当時30代)は、お湯で髪を濡らさずシャンプーの水分のみで洗っていました。すすぎには大量のお湯を使うのですが洗い流すのが大変だったそうです。

これは極端な例ですが、適当に済ませていたことを見直せば、抜け毛を減らしたり、地肌の状態を改善するのに大きな助けとなるのです。

また、近頃は育毛や血行改善に役立つ栄養素や、皮膚の再生に必要なビタミン類などに対する研究も進んでいますので、サプリメントとして摂取するのは、費用対効果が高く、手軽という点でもおすすめです。

以前は育毛方法は限られていて、育毛製品の数も少なかったものです。近年は医療面でも研究が進んできており、ミノキシジルやプラセンタの注射は医療行為ですので、施術は病院で行われます。

通院のために時間を割かなければなりませんが、あえてその選択肢を選んでいる人たちもいます。

内服薬に比べて注射のほうが吸収率が高く、速やかに作用するため、ミノキシジルが効く体質のはずなのに内服でそれほど効果がなかった人はかなりの効果が期待できるでしょう。注射は医療行為ですが、薄毛治療は美容整形のように審美治療となるため、健康保険が適用されませんから、注射のためには診察が必要ですが、初診も再診もお金がかかり、すべて自費扱いです。自由診療なのでクリニックごとに料金も違います。また、半年ほどで驚くほどの効果を得られる人もいますが、自分の納得できる効果が得られるまでは繰り返し処置を受ける必要があるので、通院の手間と時間がかかるうえ、費用面での負担も大きいです。

関連記事
メニュー
メニュー
2011 ミノキシジル育毛剤で頭頂部のハゲも治る?リーマンのズラまで一直線 All rights reserved.